耐震等級について | 新築注文住宅 HAPINICE | もっとが叶う家づくり
MENU MENU

STAFF BLOG

スタッフブログ

2023.10.18

耐震等級について

こんにちは(^^♪
現場ディレクターの吉原です。今回は耐震等級についてお話します。

耐震等級1

新耐震基準と呼ばれる建築基準法で定められている最低限の耐震性能を満たす耐震基準となります。
◆数百年に一度程度の地震(震度6~7程度:阪神・淡路大震災相当の揺れ)に対しても倒壊や崩壊しない
◆数十年に一度発生する地震(震度5程度)の地震に対して住宅が損傷しない程度

※注意する点として、震度6~7の地震で「倒壊・崩壊しない」という点です。これは「倒壊または崩壊はしないが、ある一定の損傷を受けることはある」ということです。基準自体は正しいですが、その後で補修や損傷の程度によっては建て替えが必要となると理解しておきましょう。

耐震等級2

耐震等級1の、1.25倍の地震に耐えられる耐震強度です。新築などでよく見るようになった「長期優良住宅」は、耐震等級2以上が認定条件となっています。加えて、災害時の避難所として指定される学校などの公共施設は、耐震等級2以上が必須となります。

耐震等級3

等級3は、耐震等級1の1.5倍の耐震強度となります。「住宅性能表示制度」で定められた耐震性の中でも最上位レベルとなります。一度大きな地震を受けてもダメージが少なく、その後も住み続けられるうえに、大きな余震が来ても安全です。消防署・警察署の多くは耐震等級3で建設されています。なお震度7の揺れが2回連続して起こった熊本地震において耐震等級3の住宅は、2回とも耐えていたということが専門家の調査によって明らかになっています。

ハピナイスは耐震等級3で建てております。地震に強い家、地震保険の優遇など様々なメリットがあります。

ハピナイスは安心、安全な家づくりを目指してますので、是非モデルハウスへ見学にいらして下さい(*^^*)

■イベント案内■

10月1日~10月31日は3棟のモデルハウスでほったらかし見学会開催!!!
ダウンフロアのある空間を実際にご見学いただけます♪
ぜひご来場くださいませ☆彡

ARCHIVE

CATALOG

カタログ・資料請求

ハピナイスの歴史と家づくりへの想いを詰め込んだ「コンセプトブック」と、HPでは紹介しきれないこだわり空間を体感できる「施工事例集」をお届けします。 どちらも家づくりの参考になる情報が満載です。

EVENT

開催中のイベント
モデルハウスはこちら

開催中のイベント・モデルハウスはこちら

ハピナイスのこだわりが詰まったモデルハウスの公開、施主様邸の完成見学会や各種イベントを常時行っておりますので、お気軽にご来場くださいませ。

営業時間:10:00〜18:00 (定休日:水曜・木曜)

イベント予約 資料請求 ページトップへ